美白化粧品選びには成分内容の比較が欠かせない!

MENU

美白化粧品は成分の内容をじっくり比較しよう!

美白化粧品で本格的な効果を実感するために、やっぱり大切なのは成分の内容ですよね。同じ「美白」という目的でありながら、配合されている成分の内容はメーカーごとに違いがあり、これがそれぞれの魅力となっています。そんな美白化粧品ごとの成分をよくチェックし、比較検討しながら自分に合うものを選んでいきましょう。

 

美白化粧品は成分の内容をじっくり比較しよう!

有効成分をチェック!

美白化粧品の中には、単なる化粧品ではなく「医薬部外品」に分類されているものもあります。これは、一定の効果が認められた有効成分が配合されているということですね。つまり化粧品以上、医薬品未満の効果が期待できる美白化粧品です。

 

そこで、そんな医薬部外品に分類される美白化粧品選びをする際には、配合されている有効成分の内容をチェックしてみましょう。

  • ハイドロキノン(ラグジュアリーホワイト・ビーグレン)
  • ビタミンC誘導体(サエル・アスタリフトホワイト)
  • アルブチン(サエル・アスタリフトホワイト)

これらの有効成分は、特に美白効果が高いことで知られています。ただし、注意しなければならないのは、これらの有効成分は効果が高いと同時に、刺激も強いという点です。安全に使用できる工夫があるかどうか、じっくり確認しながら肌質に合わせて選ぶことが大切ですね。

美白効果が期待できる成分の働き

美白化粧品には、有効成分やそれ以外の天然由来成分など、様々な成分が配合されています。これらには、どういった働きがあるのかを知っておくことも大切です。

  • 今あるシミを薄くする
  • メラニンの生成を抑制する
  • お肌のターンオーバーを促進する

美白化粧品に配合されている成分の主な働きは、これら3つに分類できます。このうち、「今あるシミを薄くする」という効果に関しては、お肌の漂白成分と言われるハイドロキノンが役立ってくれます。メラニンの生成抑制に関しては、アルブチンなどの成分が効果的ですね。お肌のターンオーバー促進に関しては、様々な植物エキスや保湿成分などが総合的に働きかけてくれます。

 

「すでにシミがあってどうにかしたい」ならハイドロキノン配合、「これ以上シミを増やしたくない」ならアルブチン配合など、目的に合わせて選ぶことも大切ですね。

美白化粧品は美肌成分も大事!

美白化粧品は、ただお肌を白くするための成分さえ含まれていればそれで良い、というものではありません。お肌をトータルで美しくすることができなければ意味がありませんよね。

 

そこで注目しておきたいのが、美白成分以外の美肌に関係する成分です。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • コラーゲン
  • アスタキサンチン
  • 各種植物エキス

こういった、お肌が持つ力を底上げしてくれるような成分を贅沢に配合してある美白化粧品を選び、トータルで美肌を目指してみましょう。

美白化粧品のおすすめトップへ

関連ページ

意外と大切なポイントになるのが保湿力
美白化粧品と言えば、「潤い効果が物足りない」「冬場は乾燥してしまう」といった感想を抱く方も少なくありません。ですが、いくら優秀な美白成分が配合されていても、使っていてお肌が乾燥し、トラブルや肌悩みを起こしやすくしてしまうような美白化粧品では困りますよね。そこで、美白化粧品選びの際には保湿力にもしっかり注目してみましょう。
安全性にこだわることも大切!
美白化粧品は毎日のスキンケアでコツコツ使用し続けることによって、頑固なシミなどの肌悩みに働きかけていくことができるものです。1日や2日使うだけのものではありませんので、安全性へのこだわりは、とても大切なポイントになりますね。毎日、心から安心して使い続けていくことができるような美白化粧品選びをしてみましょう。
使いやすい美白化粧品を選んで長く愛用しよう!
美白化粧品で解消したい大きな肌悩みの1つと言えば、シミ。この肌悩みは肌の奥深くに原因があるケースも少なくないため、根気よくケアを続けていく必要があります。つまり、美白化粧品選びでは「長く使い続けていくことが負担にならないもの」を選ぶことも、重要なポイントになるわけですね。