美白化粧品の化粧水の使い方のポイントは?

MENU

美白化粧水はとにかくたっぷり!

美白化粧品で重要なのは、化粧水をたっぷりと使うことです。
化粧水は、お肌の内側に潤いを補給するためのアイテムですね。
この潤いが不足していれば、美白を叶えることが非常に難しくなってしまいます。
そこで、化粧水はケチケチせずに、とにかくたっぷりと使用していきましょう。

 

潤いが無いと美白が効かない!

どんなに優秀な美白有効成分を配合した化粧品であっても、お肌がカラカラに乾燥した状態では、効果を発揮することができません。美白効果をしっかり実感するためには、肌の水分と油分のバランスが整った状態でなければならないのです。潤いが不足したお肌はバランスが崩れ、ターンオーバーが乱れてしまいます。

 

ターンオーバーは肌が新しく生まれ変わるサイクルで、これがうまく働かないとシミが薄くなったり、くすみが無くなったりといった効果を実感することもできません。そのため、潤いは美白ケアにおいても、非常に重要な基本となるところなのです。

潤いを浸透させる化粧水の使い方

お肌に潤いを与えるために、最も重要なアイテムというのが化粧水です。この化粧水は、手の平に取ってパシャパシャつけるだけでは、なかなか浸透してくれません。なぜなら、お肌の表面には皮脂などがあり、この油分が浸透を妨げてしまうことがあるからですね。

 

そこで、まずは洗顔をして清潔にしたお肌に、コットンにたっぷりの化粧水を細かくパッティングしていきます。こうして丁寧に叩き込むことにより、お肌の内側にまでしっかり浸透させることができるのです。

 

コットンがカラカラになるまでパッティングしたら、仕上げに手に取った化粧水を、さらにパシャっと顔にかけてあげると良いですね。化粧水に関しては、ケチケチ使うとかえって逆効果になりもったいないので、たっぷり惜しみなく使うようにしましょう。

化粧水が浸透しているかどうかをチェック!

では、お肌の内側まで化粧水を浸透させることができているかどうか、というのは、どういうところで判断できるのでしょうか?これに関しては、お肌に触れた感じで判断ができます。

 

よくパッティングした後のお肌は、お風呂上りで火照っていた場合でも、ヒヤッと感じられるようになります。このヒヤッとした感じが分かれば、化粧水は内側まで浸透している証拠です。

 

また、クリームなどでお肌を整えた後に、手の平を頬に密着させてパッと離すと、「シュパッ」と良い音がするのが理想的ですね。このような状態になれば、乾燥しやすいと言われる美白化粧品でも、充分な潤いを補給できており、乾燥しにくくなると言えます。

美白化粧品のおすすめトップへ

関連ページ

まずは角質ケアをしっかり!
シミは肌の奥深い部分で起こるので、化粧品をよく浸透させる必要性があります。また、くすみは肌の表面の古い角質が原因となるので、これをきちんと落としてあげることが必要です。これらを考慮すると、美白ケアには角質のケアがいかに重要であるか、分かりますね。
美容液は広範囲にも部分にも!
美白化粧品において重要なのが、高濃度で美白有効成分が配合されている美容液ですね。この美容液の使い方は、主に2種類の方法が挙げられます。1つは広範囲に使用するという方法で、もう1つはポイントのみに使うという方法ですね。