美白化粧品は日焼けした後すぐ使ってもいいの?

MENU

日焼け直後は使用禁止!

美白化粧品を使用したくなる時と言えば、日焼けしてしまった時ですよね。普段は必死で紫外線ケアをしている方でも、ちょっと油断した際にうっかり日焼けしてしまった、なんて事態はよくあるものです。ですが、実はそんな時、日焼け直後のケアとして美白化粧品を使用するのは、非常にリスクが高いのです。

 

日焼け直後の肌には刺激に!

美白化粧品に含まれる美白有効成分は、肌を白くする優秀な効果がある反面、どうしても刺激が強いというデメリットもあります。肌の日焼けというのは、軽い火傷をしている状態と同じです。そのため、この軽い火傷状態のお肌に刺激の強い美白成分を使用すると、大きな負担になってしまう恐れがあるのです。

 

美白化粧品をうっかり使ってしまい、ヒリヒリと刺激に感じたら、すぐに洗い流すなどして対処してください。ヒリヒリしているのは浸透している証拠や効いている証拠などではありません。お肌に負担がかかっている何よりの証拠と考えましょう。

日焼け直後はまず冷やすこと!

美白化粧品を使用してはいけないなら、日焼け後にはどんなケアができるのか、というのも気になる点ですね。これは、まずはとにかく冷やすことが重要です。火傷をしたらよく冷やすのと同じで、日焼けしているお肌には、冷たいお絞りや保冷材を当ててよく冷やして対処していきましょう。こうすることで、火照りや赤みといった症状が落ち着いてきます。

 

全身が日焼けした、といった範囲が広い場合には、冷たいシャワーを浴びるのも1つの方法ですね。そうして火照りや赤みが落ち着いてから、低刺激なローションを用いてしっかり保湿ケアを行います。この時は美白成分は不要ですので、シンプルで刺激の少ないもの、という点にこだわりましょう。

日焼け後に美白化粧品を使用するタイミング

では日焼け後、いつから美白化粧品がOKなのか、というのも知っておきたいポイントです。これは、日焼け後の赤みや火照りが落ち着き、低刺激な保湿ローションで一切刺激を感じず、また肌の状態も乾燥しておらず、特に異常がない状態に落ち着いた頃が良いでしょう。このくらい症状が落ち着けば、多少の刺激がある美白化粧品でも、ヒリヒリとは感じにくくなります。

 

ただし、日焼けを甘く見てはいけません。もしあまりにも症状がひどく、自己流の対処ではどうにもならないような状態になっているなら、速やかに皮膚科を受診して治療を受けましょう。その上で、美白化粧品の使用に関してもアドバイスをもらっておくと良いですね。

美白化粧品のおすすめトップへ

関連ページ

乾燥しないように気を付けて!
美白化粧品の多くは、夏向けの仕様となっています。そのため、どうしてもさっぱりとした使用感のものが多く、秋冬には物足りなさを感じる方もいるのです。美白化粧品を使用する際には、この「乾燥」には十分に注意しておきましょう。
美白化粧品は刺激の有無をよく確認して!
美白有効成分の最大の弱点とも言えるのが、刺激です。強力に美白効果を発揮するものは刺激も強いのです。そのため、美白化粧品購入時には刺激という点にはしっかり着目し、肌にストレスをかけないように配慮しなければなりません。
過剰なお手入れは逆効果!
できてしまったシミをいち早くどうにかしたいからと、あれこれ化粧品を駆使して、必死のケアをするとどうなるでしょうか?実はこれは、お肌に刺激を与えてしまうことになり、逆効果となる恐れが大きいのです。美白ケアは時間をかけてじっくり行うことが大切ですね。