【人妻交姦ゲーム】主要の登場人物を紹介

【人妻交姦ゲーム】主要の登場人物を紹介

【人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで】主要の登場人物を紹介

 

 

「人妻交姦ゲーム」の登場人物の詳細を解説します。

 

「人妻交姦ゲーム」の人物は大方決まってくるのですが、誰がどんなキャラなのかを知っておくと、より楽しめますしエロさも際立ってくると思います。

 

それでは「人妻交姦ゲーム」の登場人物紹介です。

 

 

【人妻交姦ゲーム〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで】に出てくる主な人物

 

 

雅子(まさこ)

 

「人妻交姦ゲーム」のメイン人物であり、表紙の人物です。

 

見た目は派手ではなく、わりと地味目な人妻です。

 

でも、かなりといっていいほどスタイルがよく、色気が漂っています。

 

おしとやかで清楚な人が、エロく乱れていくシーンが、この漫画最大のエロポイントです。

 

もしかすると、下手なアダルト動画を見るよりも、こっちのほうが抜けると思います。

 

体がエロいのはもちろんのこと、ギャップのある感じがソソります。

 

洋平(ようへい)

 

彼は雅子の夫です。普通のサラリーマンで普通の人です。

 

妻と同じく地味な人。

 

結婚して2年目になるのですが、この年数ならまだまだラブラブでしょ?と思っていたら、セックスレス気味だというのです。

 

「人妻交姦ゲーム」を読んだかたなら分かると思いますが、なんであんなにいい奥さんをもらっておいてセックスしないの?

 

と疑問に思うほどです。

 

そのせいか雅子は、かなり欲求不満のようです。

 

土原敬三

 

例のオラついたヤンキー男です。

 

オラついたって面白い言葉ですが、その名の通りオラオラ系のヤンキーです。

 

どれぐらいオラついているのかといったら、それはもうかなりのレベルで、

 

1日に何人抱いても力尽きなさそうな感じです。

 

「人妻交姦ゲーム〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで」では、敬三と雅子の夫ですセックスシーンがメインとなるのですが、

 

毎日のようにガンガンセックスしてる敬三と、あまりセックスしていない雅子が、交わってしまうなが、エロさを際立てています。

 

互いの経験値が違いすぎて、雅子の方が、最後まで持たないのでは?と心配になるほどです。

 

詳しくは、本編を読んで欲しいのですが、異常なレベルでイッちゃってます。

 

私なんかは、ハッキリと目に焼き付いてしまい、思い出してはあそこの方が盛り上がってきちゃいますw

 

奈緒(なお)

 

敬三の女です。彼女なのか、妻なのか定かではありませんが、

 

「人妻交姦ゲーム」というタイトルからして、妻の可能性が高いです。

 

正直、この部分はどうでもいいことなのではしょりますが、

 

この奈緒もかなりエロいです。

 

1巻に目を通していただくと分かるのですが、そのシーンだけでも抜けそうなレベルになっています。

 

 

敬三とセックスしすぎたせいで、全身が性感帯のようになっています。

 

顔にセックス大好きと書いてあるようなエロさなので、男にとってはやりがいのあるビッチギャルかもしれません。

 

たぶん「人妻交姦ゲーム〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで」を読んだ方の3割くらいは、奈緒派手だと思います。

 

私は、、どっちもですw

 

二人とも別々の色気があるので、選びがたいんです。

 

 

 

 

今のところ「人妻交姦ゲーム〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで」の主要人物は6人

 

 

以上、「人妻交姦ゲーム」のメイン人物を解説してきましたが、今のところ雅子、洋平、敬三、奈緒の四人となります。

 

舞台は団地なので、人妻がいくらでも出てきそうですが、

 

おそらく四人のセックスシーンがメインとなりそうです。

 

特に、雅子と敬三の関係が十分にエロいですし、この二人だけでもかなり引っ張れると思うので、

 

そこまで長く続かない印象があります。

 

もし長く続くとしたら、●●編みたいな形でシリーズ化するというのもいいかもしれません。

 

「人妻交姦ゲーム」の最初は、雅子編、次は違う人妻、その次は…

 

みたいな形で、短編式に配信されたら、さまざまな人妻のエロシーンが楽しめていいかもしれませんね。

 

いずれにしろ「人妻交姦ゲーム」は、雅子と奈緒だけでも十二分にエロいですから、

 

「どこかに最高のエロ漫画はないのか?」と飢えているかたは、ぜひとも「人妻交姦ゲーム〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで」を読んでみてはいかがでしょうか。

 

この作品はコミなびから読めますよ。

 

 

本編を読んでみる
スマホ・タブレット・PC専用